JAPAN-GO-ROUND (2013 - ongoing)

Humans are made alive by nature.
Nature keeps beautiful by human touch.

人間は、自然に生かされている。
自然は、人間が触れることで美しくなる。

 

My lifework project "JAPAN-GO-ROUND" captured landscapes of nature touched by human. I've been having short trips to rural areas of all across Japan since 2013, and I always end up with finding the essence of how we live. It is because there still exist traditional land use that have evolved from local communities' long-term efforts to adapt to their surrounding environments and enjoy their bounties in a sustainable manner. 

Satoyama (landscapes) and Satoumi (seascapes) are the Japanese names for these sustainable human-influenced natural environments. Since current global trends have highlighted efficiency and convenience in capitalism, I've started this project to contribute for broader global recognition of Satoyama and Satoumi. I wish to promote the conservation and restoration of sustainable human-influenced natural environments in Japan.

 

"JAPAN-GO-ROUND"は、日本の様々な里山と里海の風景を、まるで外国のように映すシリーズです。

私たち日本人は、民族としての成り立ちから「本当の文化は外国にあるに違いない」という潜在意識があるそうです。私も物心ついた頃から欧米を主とする外国の文化に憧れ、無意識に追いかけてきました。しかし、この成熟した現代社会において学ぶべき文化は、外国ではなく、里山・里海での暮らしにあると感じるようになりました。それは、2013年夏に長崎県・五島列島の小値賀を訪れ、「効率的で合理的な現代の都市社会だけが、決して豊かな暮らしではない」と気付いたことがきっかけでした。以来、豊かな暮らしを探しに日本各地をめぐり、日本の地方という”外国”の風景を撮り続けています。